脱毛エステの今と昔

私は俗に言うエステフリークです。特に20代は独身ということで自分で稼いだお金は自分で使えるという自由度の高い生活だったため、今より当然美意識が高く、身だしなみにお金をかけていました。今から20年前はエステサロンの種類もかなり少なく、エステ施術の種類もかなり限られていました。

また、エステサロン自体も敷居が高いというイメージがあったため、種類も施術もセレブ相手か独身貴族相手というイメージがぬぐえませんでした。私のエステサロンデビューは脱毛エステからです。エステサロンの種類は大手が何社かあり、その中に誰かが通っているものがあり、参考にして自分も行くことにしたのがきっかけでした。エステ施術も今のようにレーザーや光脱毛という画期的なものではなく、ニードルつまり針のようなものを指して一本一本毛を抜いていくかなり手間のかかる施術方法でした。

当時は痛みを消すことができない施術がほとんであったため、結局全身脱毛は痛みに耐えかねてできず脇の下だけにしてしばらくはそのままにしていました。しかし、それから15年近くたって、エステ施術の種類がどんどん増えてきて、エステサロンの種類もリラクゼーション的なサロンから医療提供しているメディカルサロンのような半クリニック的なところも増えて、価格もどんどん安くなり、技術も向上したため、再度施術を受けることにしました。

 

● 脱毛エステのエピレに関する口コミや情報はこちら → エピレ 口コミ
● 医療機関の求人募集情報をお探しの看護師の方はこちら → 看護師 募集